フォーラム | 最新のWeb開発のチュートリアル
 

ASP.NETウェブページ - クラス


ASP.NETクラスリファレンス

方法 説明
AsBool() AsBool(true|false) 文字列値は、ブール値に変換し(true/false) 。 文字列は真/偽表していない場合はfalseまたは指定された値を返します。
AsDateTime() AsDateTime( value ) 文字列値は、日付/時刻に変換します。 DateTimeを返します。 MinValueプロパティまたは文字列は、日付/時刻を表していない場合は、指定した値。
AsDecimal() AsDecimal( value ) 文字列値には10進数に変換します。 文字列は小数点値を表していない場合は0.0または指定された値を返します。
AsFloat() AsFloat( value ) 文字列値をfloatに変換します。 文字列は小数点値を表していない場合は0.0または指定された値を返します。
AsInt() AsInt( value ) 文字列値は整数に変換します。 戻り値0または文字列が整数を表していない場合は、指定した値。
Href( path [, param1 [, param2]] ) オプションの追加パスの部分で、ローカルファイルパスからブラウザ互換のURLを作成します。
Html. Raw( value ) HTMLエンコードされた出力としてそれをレンダリングするのではなく、HTMLマークアップとして値を描画します。
IsBool() IsDateTime() IsDecimal() IsFloat() IsInt() 値が指定した型に文字列から変換できる場合、trueを返します。
IsEmpty() オブジェクトまたは変数に値がない場合にtrueを返します。
IsPost リクエストがPOSTである場合はtrueを返します。 (初期の要求は、通常はGETです。)
Layout このページに適用するレイアウトページのパスを指定します。
PageData[ key ], PageData[ index ], Page ページ、レイアウトページ、および現在の要求の一部のページ間で共有されるデータが含まれています。 次の例のように、同じデータにアクセスするために、動的ページのプロパティを使用することができます。
RenderBody() (レイアウトページ)任意の名前のセクションにないコンテンツページのコンテンツをレンダリングします。
RenderPage( path , values )
RenderPage( path[, param1 [, param2]] )
指定したパスとオプションの余分なデータを使用してコンテンツページをレンダリングします。 あなたは位置によってInboundのPageDateから余分なパラメータの値を取得することができます(example 1)またはキー(example 2)
RenderSection( sectionName [, required = true|false ] ) (レイアウトページ)名前を持つコンテンツのセクションをレンダリングします。 セクションはオプションにするためにfalseに必要な設定。
Request.Cookies[ key ] 取得またはHTTPクッキーの値を設定します。
Request.Files[ key ] 現在のリクエストでアップロードされたファイルを取得します。
Request.Form[ key ] フォームで投稿されたデータを取得します(as strings) 。 リクエスト[ キー ]のチェックのRequest.Formと場合、Request.QueryStringコレクションの両方。
Request.QueryString[ key ] URLのクエリ文字列で指定されたデータを取得します。 リクエスト[ キー ]のチェックのRequest.Formと場合、Request.QueryStringコレクションの両方。
Request. Unvalidated( key )
Request. Unvalidated() .QueryString|Form|Cookies|Headers[ key ]
選択フォーム要素、クエリ文字列値、クッキー、またはヘッダ値の要求の検証を無効にします。 要求の検証はデフォルトで有効になっており、マークアップやその他の潜在的に危険なコンテンツを投稿できないようにしています。
Response. AddHeader( name , value ) 応答のHTTPサーバヘッダを付加します。
Response. OutputCache( seconds [, sliding] [, varyByParams] ) 指定された時間のためのページ出力をキャッシュします。 必要に応じてページリクエスト内の各異なるクエリ文字列のためのページの異なるバージョンをキャッシュするために、各ページのアクセスとvaryByParamsにタイムアウトをリセットするために、スライドセット。
Response. Redirect( path ) 新しい場所にブラウザ要求をリダイレクトします。
Response. SetStatus( httpStatusCode ) ブラウザに送信されたHTTPステータスコードを設定します。
Response. WriteBinary( data [, mimetype] ) オプションのMIMEタイプに対応するデータの内容を書き込みます。
Response. WriteFile( file ) レスポンスにファイルの内容を書き込みます。
@ section( sectionName ) { content } (レイアウトページ)名前を持つコンテンツのセクションを定義します。
Server. HtmlDecode( htmlText ) HTMLエンコードされた文字列をデコードします。
Server. HtmlEncode( text ) HTMLマークアップでレンダリングするための文字列をエンコードします。
Server. MapPath( virtualPath ) 指定された仮想パスのためのサーバーの物理パスを返します。
Server. UrlDecode( urlText ) URLからテキストをデコードします。
Server. UrlEncode( text ) URLに置くために、テキストをエンコードします。
Session[ key ] ユーザーがブラウザを閉じるまで存在する値を取得または設定します。
ToString() オブジェクトの値の文字列表現を表示します。
UrlData[ index ] URLから追加データを取得します(例えば、/マイページ/ ExtraData)。


Hi Traveller Fashion Tomorrow Startups Daily News Fit Science Amazing Baby Yup This is Japan Take Film Art In Life